ムモンチビコツブゲンゴロウ

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ムモンチビコツブゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順

ムモンチビコツブゲンゴロウ(広島県東広島市; 撮影: 有村拓真, Arp. 12, 2024)

ムモンチビコツブゲンゴロウ Neohydrocoptus sp.

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > コウチュウ目 Coleoptera > コツブゲンゴロウ科 Noteridae > コツブゲンゴロウ亜科 Noterinae > ‎チビコツブゲンゴロウ属 Neohydrocoptus > ムモンチビコツブゲンゴロウ Neohydrocoptus sp.

解説

  • 植物が豊富な止水域に生息する微小なコツブゲンゴロウの1種.
  • 体長は2.2-2.4mmほどで長楕円形. 前胸部は黄褐色, 上翅は黄褐色から褐色で点刻列がある.
  • 広島県では東広島市で確認されており, キボシチビコツブゲンゴロウと混泳する姿が目撃される. 本種は個体数が少なく極めて希少である.
  • 泳ぎは下手でガムシ類のようにバタバタと泳ぐ.

分布・産地・天然記念物・RDB

分布

  • 本州(東海地方以西), 四国, 九州, 南西諸島(屋久島)

産地

  • 東広島市(広島県RDBカテゴリ 2021)

天然記念物・RDB

  • 環境省RDBカテゴリ:絶滅危惧II類(VU)
  • 広島県RDBカテゴリ(2003):該当なし
  • 広島県RDBカテゴリ(2011):絶滅危惧I類(CR+EN)
  • 広島県RDBカテゴリ(2021):絶滅危惧I類(CR+EN)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

ギャラリー

関連ページ

文献

  • 濱田將大・木谷昌喜・島添信一・井上大輔. 2008. 東広島市の水生甲虫. 広島虫の会会報, 47: 1–6.

インターネットリソース

参考文献

  • 中島 淳・林 成多・石田和男・北野 忠・吉富博之. 2020. ネイチャーガイド 日本の水生昆虫. 352 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 三田村敏正・平澤 桂・寄居重幸. 2017. ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシ. 176 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 動物総合ページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > ムモンチビコツブゲンゴロウ| 広島県の動物図鑑 / 和名順