ミツデウラボシ 宮島の植物と自然

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シダ植物 > ミツデウラボシ

目次

ミツデウラボシ Crypsinus hastatus (Thunb.) Copel.

分類

ウラボシ科 Polypodiaceae 科,ミツデウラボシ属 Crypsinus

解説

 常緑多年生のシダ.根茎(こんけい)は径3 mm前後で匍(は)う.葉柄(ようへい)は細く光沢がある.葉身(ようしん)は生育の状態により変化し,単葉 から2-3裂し,長さ20 cmになるものもある.葉の下面は色が淡く,白味を帯びることもある.葉縁(ようえん)は脈(みゃく)と脈の間に小さな凹(へこ)みがある.ソーラスはやや大きく,包膜はなく,中肋(ちゅうろく)の両側の中肋寄りに並んでつく.北海道南部以南に分布.広島では沿岸部から内陸に分布する.宮島では遊歩道沿いの山縁斜面に多い.宮島をはじめとする瀬戸内海では,単葉のものが多く,場合によっては小さく長楕円形(ちょうだえんけい)をしたものもある.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 73 p.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > シダ植物 > ミツデウラボシ