マンボウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > マンボウ | 分類 / 和名順 / 学名順

マンボウ(大分県南海部郡蒲江町)
マンボウ(宮城県牡鹿郡女川町; 撮影: 相良)

目次

マンボウ Mola sp. B

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > フグ目 Tetraodontiformes > マンボウ科 Molidae > マンボウ属 Mola > マンボウ Mola sp. B

解説

  • 外洋性で主に表層を遊泳.北海道,青森県,宮城県,相模湾,伊豆半島東岸,三重県,和歌山県串本,高知県,大分県,鹿児島県,富山県,隠岐,島根県,山口県青海島,長崎県.海外では,北部太平洋,台湾,デンマーク,イギリス,タスマン海.
  • 体長は3.3 mに達し,全世界の温帯~熱帯域の表層を遊泳する.
  • 舵鰭後端に並ぶ骨板が小さいこと,舵鰭基部に滑らかな帯状域を持つことで近縁種のゴウシュウマンボウと区別される.
  • 定置網などで漁獲され,刺身・塩焼きで賞味される他,腸は照焼きにして美味.

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > マンボウ | 分類 / 和名順 / 学名順