マユタテアカネ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マユタテアカネ

マユタテアカネの成虫(成熟オス).ヒメアカネに似るが,眉斑があること,腹部の黒斑が目立たないこと,腹部の先端が反ることなどが特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 4, 2018)
マユタテアカネの成虫(オス).顔に眉のような紋をもつ.オスは成熟すると腹部が赤化する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Aug. 5, 2016)
マユタテアカネ成熟オス(広島県東広島市鏡山; 撮影: 鮫島裕貴, Sep. 28, 2018)
マユタテアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 15, 2017)


目次

マユタテアカネ

和名

学名

  • Sympetrum eroticum eroticum

分類

  • トンボ科 アカネ属

分布

  • 日本全土.国外ではロシア,中国,台湾,朝鮮半島に分布する.

解説

  • キャンパスでの個体数は多い.
  • 顔に眉のような紋をもつことから名付けられた.
  • オスは成熟すると腹部が濃い赤色となる.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > マユタテアカネ