マツブサ 宮島の植物と自然

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 宮島の代表的な植物 > マツブサ

目次

マツブサ Schisandra repanda (Siebold & Zucc.) Radlk. [= Schisandra nigra Maxim.]

分類

マツブサ科Schisandraceae,マツブサ属Schisandra

解説

 高さ約5 mに達する落葉性のつる性木本.樹皮が縦に割れ,コルク質が発達.葉は互生で,波状の鋸歯があり,無毛.宮島では花期は5月下旬-6月上旬.花は淡黄色で芳香がある.宮島のものは花被片の数がやや少ない傾向にある.雌雄異株で,雌株につく果実は球形で,同じ程度の大きさ,黒藍色に熟しブドウの房状になる.東アジア固有で,日本を中心に東アジアに広く分布.傷をつけると松ヤニのような香りがする.ジャムやお茶に利用される.和名は果実の形とその香りから.英語ではMagnolia vine(モクレンのようなつる植物の意味)と呼ばれる.宮島には,葉の裏が白く,品種レベルで区別されるウラジロマツブサSchisandra repanda f. hypoleuca (Makino) Ohwiと呼ばれるものもある.


マツブサ(マツブサ科) Schisandra nigra Maxim. [Schisandraceae] Japanese name: Matsubusa; English name: Magnolia vine

落葉性のつる植物.花期は5月下旬から6月上旬.花は淡黄色で,果実は黒藍色に熟しブドウの房状になる.日本に広く分布するが,東アジア固有.傷をつけると松ヤニのような香りがする.

Deciduous and dioecious climber growing to ca. 5 m. Native to Japan with an E Asia endemic distribution. Whitish-yellow unisexual flowers open at end of May to beginning of June, followed later by indigo black berries in botryoidal clusters. Fruits possess pine tar-like sweet and sour flavors and are used in preserves or to make a tea.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 44-45 pp.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 宮島の代表的な植物 > マツブサ