マエソ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > マエソ / 分類 / 和名順 / 学名順

マエソ(愛媛県今治市; 撮影: 加村,Jul., 2005)

目次

マエソ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > ヒメ目 Aulopiformes > ヒメ亜目 Aulopoidei > エソ科 Synodontidae

解説

  • 南日本の砂泥底に棲息し,底曳網などで漁獲され,主に練製品に加工される.
  • 体長は約40 cm.
  • 体色は背側が灰褐色で腹側が白色,胸鰭が長く,尾鰭上縁に小黒点列を持たないことや尾鰭下縁が白色であることにより近縁種の「ワニエソ」「クロエソ」と区別される.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > マエソ/ 分類 / 和名順 / 学名順