ホンドザル

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 > ホンドザル(ニホンザル) | 広島県の動物図鑑 / 和名順


目次

ホンドザル Macaca fuscata fuscata

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 哺乳綱 Mammalia > サル目(霊長目) Primates > オナガザル科 Cercopithecidae > ニホンザル Macaca fuscata > ホンドザル Macaca fuscata fuscata

解説

  • 本州・四国・九州に分布.ニホンザルの基亜種.屋久島のものは亜種ヤクシマザル(ヤクザル)Macaca fuscata yakuiとされる.
  • 広島県では,県内全域の森林地帯に分布.宮島には香川県小豆島より人為移入された.
  • 頭胴長はオス55 cm前後で,メス50 cm前後.尾長はオス10 cm前後で,メス8 cm前後.体重はオス14 ㎏前後,メス12 ㎏前後.
  • 植物の葉・茎・花・実や昆虫,小動物を食べる雑食性.
  • 雌雄複数で数十頭の群れを作り生活する.
  • 交尾は9~11月,妊娠約6ヶ月,出産3~5月,通常子は1頭.
  • 寿命は平均で10年,最高で30年.
  • 特徴は,体色が茶褐色で腹と手足の内側が白い.顔と尻が赤く,交尾期はさらに赤くなる.
  • 視覚が発達しており,色も識別できる.

天然記念物・RDB

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • サル
  • ニホンザル

英名

  • Japanese monkey

広島県方言

  • ましこ

備考

参考文献

  • 阿部永, 石井信夫, 伊藤徹魯, 金子之史, 前田喜四雄, 三浦慎悟, 米田政明. 2008. 日本の哺乳類, 改定2版. 206 pp. 東海大学出版会, 秦野.
  • 広島哺乳類談話会(編). 2000. 広島県の哺乳類. 169 pp. 中国新聞社, 広島.

インターネットリソース

更新履歴

  • 2019.09.15 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の哺乳類 > ホンドザル(ニホンザル) | 広島県の動物図鑑 / 和名順