ホルトノキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ホルトノキ(東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Elaeocarpus zollingeri K.Koch

分類

  • ホルトノキ科 Elaeocarpaceae

分布

  • 本州(千葉県南部以西)・四国・九州・琉球の暖帯から亜熱帯にかけて広く分布する.
  • 基準変種は中国大陸南部や台湾からインドシナに分布する.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

特徴

  • ホルトノキ科の常緑高木.樹皮は淡灰褐色で,平滑または不規則に裂ける.
  • 葉は多少枝先に集まってつき,互生する.葉は無毛.葉身は倒披針形~長楕円状披針形,先は鋭形,基部も鋭形となる.縁には低い鈍鋸歯がまばらにある.托葉は針形で微小.
  • 花期は6-7月で,前年枝の葉腋から総状花序をだす.花序は多数の花をやや一方に偏らせてつけ,軸は緑色で圧毛がある.花は両性で,有毛の柄がある.花弁は白色.
  • 果実は状楕円形の核果で,はじめは緑色で,のちに黒紫色になる.

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ホルトノキ