ホザキノミミカキグサ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ホザキノミミカキグサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ホザキノミミカキグサ(広島県世羅郡世羅町 せら夢公園; 撮影: 垰田 宏, Aug. 22, 2010)

目次

ホザキノミミカキグサ Utricularia caerulea L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > タヌキモ科 Lentibulariaceae > タヌキモ属 Utricularia

解説

  • 草丈は高く,大きいものは20 cmくらいになる.
  • 地上葉は小さく,長さ2~3.5 mm,へら形.食虫植物で,捕虫のうは地下葉につくが,少ない.
  • 花は薄紫色,がくに乳頭状の突起がある.
  • 果実は球形で耳かき形ではない.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から吉備高原面に分布し,日当たりのよい湿地,湿原で,ほかの植物があまり生えていない所に群生する.ミミカキグサより少ない.

産地

天然記念物

標本

  • 大竹市谷和(rn-6234),宮島(ts-499),八千代町佐々井(rn-7773),極楽寺山(mt-11420),府中町水分峡(zt-1029),倉橋島(hh-7471),福富町大谷山(km-5534),東広島市八本松町(ms-4371),大和町津久(yy-11404),本郷町用倉(yy-6792),世羅町田打(ns-635),世羅西町六反田(ns-314),三良坂町羽木(kk-1580),甲山町小世良(ns-538),尾道市木庄町市原(yk-1765),福山市川谷(sf-1738),甲奴町弘法山(sf-2058)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 52170

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる