フゲンゾウ 廣島大學櫻曼荼羅

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > フゲンゾウ

フゲンゾウの花(広島県東広島市 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 25, 2017)
フゲンゾウの花(広島県東広島市 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 13, 2018)
フゲンゾウ(広島県東広島市 広島大学東広島キャンパス; 撮影: 青山幹男)
フゲンゾウ(普賢象)の花(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 19, 2019)
フゲンゾウ(普賢象)の花.時間が経つと花の中心部が赤く染まる.(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 23, 2019)
フゲンゾウ(普賢象)の花.終わり頃になると赤く染まる.(広島県東広島市鏡山 東広島キャンパス国際協力研究科; 撮影: 池田誠慈, Apr. 26, 2019)

目次

フゲンゾウ Cerasus Sato-zakura Group 'Albo-rosea' Makino

フゲンゾウ(Fugenzo 普賢象):C. Sato-zakura Group 'Albo-rosea' Makino

ヤマザクラ群サトザクラ系栽培品種.4 月下旬開花.八重(花弁数21–50).花径5 cm.花弁は咲きはじめ淡紅色で中央部が白色,徐々に白化.のちに花の中央部が赤く染まる.雌しべが花の中央に2 本あり,花柱が葉化.栽培品種としては古く,鎌倉発祥とされ,室町時代から記録がある.

シノニム synonym

  • Cerasus serrulata 'Albo-rosea'

別名

  • フゲンドウ(普賢堂)

解説

  • 栽培品種(ヤマザクラ群サトザクラの仲間)
  • 植栽

広島大学内での生育場所

  • 国際協力研究科周辺,理学研究科周辺(東広島キャンパス)

由来

フゲンゾウ(普賢象)

基本データ

和名・品種名
普賢象
読み
フゲンゾウ
開花期
4月下旬
淡紅色
花弁数
八重B
サイズ
高木
樹形
広卵形
場所
国際研,理
本数
20

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 廣島大學櫻曼荼羅‎ > フゲンゾウ