ヒメタヌキモ・コタヌキモ・イトタヌキモ類の見分け方

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ヒメタヌキモ・コタヌキモ・イトタヌキモ類の見分け方

ヒメタヌキモ・コタヌキモ・イトタヌキモ類は酷似するタヌキモ属の三種であるが,次のような特徴から見分けることができる.

  • ヒメタヌキモ
    • 水中葉は多数分岐し, 鋸歯はない. 細かな捕虫嚢が複数個付く. 水中葉は扁平な場合とそうでない場合がある.
    • 地中茎が発達ている. 白色透明な地中茎に大型の捕虫嚢が複数個付き, 水中葉のような葉はつかない.
    • 水深がある場所に多く生育するが浅瀬でもまれに確認できる.
    • 殖芽は緑と茶色のものがあり, どちらも巻き付けたような見た目をしている.
    • 花はクリーム色で, 上唇花があまり発達していない.花期は7-10月.
  • コタヌキモ
    • 水中葉は扇形に分岐し, ヒメタヌキモよりも多く太い. 鋸歯があり, 捕虫嚢はつかない. 葉はほとんどの場合扁平である.
    • 地中茎が発達しており, 白色透明な地中茎に大型の捕虫嚢が複数個付き, 水中葉のような葉はつかない.
    • ヒメタヌキモと比べ浅瀬に多く, 葉を重ねながら少し水が浮く場所で匍匐している場合がほとんどである.
    • 殖芽は, 茶色で卵型である.
  • イトタヌキモ類
    • 水中葉は細く2-4分岐が基本である. 基部に大きな捕虫嚢がつき先の分岐に小さな捕虫嚢がつく. 葉は扁平にはならない.
    • 水面にマット群落を形成するように生成している, 浅瀬で匍匐して生育している場合もある.
    • 殖芽は形成せず植物体または種子で越冬する.
    • 外来のオオバナイトタヌキモの花は5mm-10mm, 稀に20㎜の時がある. 距が発達し下唇花のしたから垣間見える.
    • 在来のイトタヌキモ(ミカワタヌキ)の花は1mm-3mmほどと小さく, 花の形態はノタヌキモに酷似する.
    • イトタヌキモ同士の識別は非常に困難であり花の形態を観察することで識別が可能となる.

分岐の違い

地中茎

殖芽

個別ページ

見分け方に関するページ

植物

両生類

爬虫類

鳥類

昆虫


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > デジタル自然史博物館 > 植物メインページ > 郷土の植物 > 維管束植物 > タヌキモ類の見分け方 | 広島県の植物図鑑 / 和名順