ヒメシャチホコ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメシャチホコ

アベマキの幹で静止するヒメシャチホコの幼虫.異形の姿をしている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 26, 2018)

目次

ヒメシャチホコ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Stauropus basalis

分類

  • シャチホコガ科 Notodontidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • ハギ類,ハリエンジュなどのマメ科,ナワシロイチゴなどのバラ科を食草とする.
  • 幼虫はシャチホコガに似るが,背部隆起の形や第3腹脚の斑紋などが異なる.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 安田 守・高橋真弓・中島秀雄. 2012. イモムシハンドブック2. 100 pp. 文一総合出版, 東京都.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒメシャチホコ