ヒメオドリコソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヒメオドリコソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ヒメオドリコソウ(広島県福山市加茂町; 撮影: 垰田 宏, Mar. 29, 2009)
ヒメオドリコソウの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Apr. 4, 2017)
ヒメオドリコソウの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Mar. 29, 2019)

目次

ヒメオドリコソウ Lamium purpureum L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > シソ科 Lamiaceae > オドリコソウ属 Lamium

解説

  • 広島県では1986年ころから目立ち始めた.
  • 畑地・水田・果樹園などに多いので,家畜飼料から鶏糞や厩肥を通じて伝播したのであろう.

花期

LamiumPurpureumSANY0005MN20080330M.jpg
開花したヒメオドリコソウ(広島県安芸郡海田町, 2008年3月30日,撮影: M. Nakahara-Tsubota)

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 広島市岳山(hh-5673),熊野町串掛林道(mt-14434),福富町鰐淵(mt-16083),東広島市下見(ts-960420),呉市徳丸(mt-8591),三良坂町小塩野(yw-5688),総領町稲草(kk-4)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 48520

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる