ヒイラギハマキワタムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒイラギハマキワタムシ

ヒイラギハマキワタムシの成虫(メス).晩秋に現れる有翅虫は二次寄主(不明)から一次寄主のモクセイ科に移る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 27, 2019)
飛翔するヒイラギハマキワタムシ(有翅虫).夕方や天気の悪い日に活発に飛ぶ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 16, 2020)

ヒイラギハマキワタムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Prociphilus osmanthae

分類

  • アブラムシ科 Aphididae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 有翅虫は体長4-5mmほどでケヤキヒトスジワタムシよりも大型.
  • 腹部に白い蝋状物質をつけて飛翔する姿から「雪虫」と呼ばれる.
  • 晩秋~初冬に現れる有翅虫は二次寄主の針葉樹から一次寄主のヒイラギ(モクセイ科)に移る..
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ヒイラギハマキワタムシ