ハッサク 植物園・生態実験園

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ハッサク

ハッサク(八朔)の果実(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Feb. 17, 2017)

目次

ハッサク(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

  • ハッサク(八朔)

学名

  • Citrus hassaku Hort. ex Tanaka, nom. nud.

分類

  • ミカン科 Rutaceae

分布

  • 広島県尾道市因島田熊町(旧因島市)原産

広島大学植物園での花期

特徴

  • 日本原産の柑橘類のひとつ.
  • 陰暦の八月朔日(8月1日)の頃から食べられたため「八朔」の名が付いたと言われる.
  • 現代では,12~2月頃に収穫され,少し熟成させ酸味が抜けた頃に出荷される.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ハッサク