ハウチワカエデ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ハウチワカエデ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ハウチワカエデ Acer japonicum Thunb.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > カエデ科 Aceraceae > カエデ属 Acer

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,中国山地の多雪地帯に分布.ブナ林やミズナラ林にふつうである.

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村細見谷(yy-6687),三段峡(yy-7918),大万木山(km-72967),比婆山(mt-11556),猿政山(mt-12906),戸河内町砥石郷山(mt-15625),比和町福田頭(yy-14581),神之瀬峡(yw-10985),芸北町大暮川(sy-265),比和町釜峯山(kk-2779),君田村中野原(tk-915)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ハウチワ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 32440

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),広島県民の森(1972),河毛(1974),山下(1977),土井(1983),吉野(1989),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる