ハイノキ科

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ハイノキ科 | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ハイノキ科 Symplocaceae

特徴

  • 形態的に非常に様々なものが含まれるが,広島県内にはハイノキ属Symplocosのみ分布.
  • 雄しべの目立つ花を春から夏にかけて咲かせる.
  • 樹幹にスミレモ類が生育することが多く,幹がオレンジ色になる場合が少なくない.
  • 広島県内では南部に多くの種が分布する.
  • 以前は,燃やしたものを灰として利用していたため,灰の木とよばれる.

広島県から報告されているもの

文献(出典)

文献(参考)

  • Simpson, M. G. 2006. Plant Systematics. -xi + 590 pp. Elsevier Academic Press, San Diego.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる