ノウタケ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ノウタケ

ノウタケ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 岩﨑元道, Jul. 24, 2019)

ノウタケ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ノウタケ

学名

  • Calvatia craniiformis

分類

  • ハラタケ科 Agaricaceae

分布

  • 編集中

解説

  • 夏季に林内の地上などに普通に見られる.
  • 東広島キャンパスでは,アカマツ林の露出した土壌によく発生する.
  • 名前は表面のしわが脳溝に似ていることに由来する.
  • 成熟すると外皮が剝がれ衝撃を受けると胞子が散布される.


備考

参考文献

  • 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄(編著). 2011. 山溪カラー名鑑 日本のきのこ, 増補改訂新版. viii + 639 pp. 山と溪谷社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの菌類 > ノウタケ