ナルトビエイ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > ナルトビエイ | 分類 / 和名順 / 学名順

ナルトビエイ(山口県小野田; 撮影: 神尾)


目次

ナルトビエイ Aetobatus flagellum

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 軟骨魚綱 Chondrichthyes > 板鰓亜綱 Elasmobranchii > エイ区 Batoidea > エイ上目 Batidoidimorpha > トビエイ目 Myliobatiformes > トビエイ科 Myliobatididae > マダラトビエイ属 Aetobatus > ナルトビエイ Aetobatus flagellum

解説

  • 沿岸域や河口域.
  • 秋田県男鹿,新潟県瀬波,能登半島,京都府舞鶴,兵庫県浜坂,長崎県野母崎,橘湾,有明海,八代海,天草灘,瀬戸内海,神奈川県江の島,三重県四日市,高知県似布利,鹿児島近辺.国外では朝鮮半島東岸,台湾,浙江省~広東省.
  • 体色は暗褐色で,吻が鋭く前方に張り出すことで近縁種のトビエイと区別される,体盤幅は約70 cm.
  • 和歌山県以南の砂底に分布し,近年アサリを食害する生物として注目を浴びている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > ナルトビエイ | 分類 / 和名順 / 学名順