トベラ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > トベラ

トベラPittosporum tobira (Thunb.) W.T.Aiton 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
トベラPittosporum tobira (Thunb.) W.T.Aiton 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)
トベラの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 22, 2020)
トベラの花(植栽)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, May 27, 2016)
トベラの果実(逸出)(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Nov. 29, 2019)

トベラ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Pittosporum tobira (Thunb.) W.T.Aiton

分類

  • トベラ科トベラ属 Pittosporaceae

分布

  • 東北以南の本州・四国・九州・琉球.台湾.

花期

  • 4-6月

特徴

  • 常緑低木で,海岸に近い暖地に多い.生け垣や道路の緑化帯に植栽される.東広島キャンパスのものは植栽からの逸出と考えられる.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > トベラ