テントウノミハムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > テントウノミハムシ

テントウノミハムシ成虫.ナミテントウによく似ている.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 2, 2018)


目次

テントウノミハムシ

和名

学名

  • Argopistes biplagiatus

分類

  • ハムシ科 Chrysomelidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州.

解説

  • アオダモイボタノキキンモクセイなどのモクセイ科の植物を食樹とするテントウムシそっくりなハムシ.
  • 外来種のヘリグロテントウノミハムシに酷似するが,前胸部と頭部の境目の突出の有無で識別する.
  • 東広島キャンパスではふつうに見られる.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > テントウノミハムシ