ツルウメモドキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
裂開する前のツルウメモドキの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Dec. 1, 2017)
ツルウメモドキの果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 22, 2018)
ツルウメモドキの種子(広島県東広島市鏡山; 撮影: 松坂啓佑, Jan. 10, 2020)

ツルウメモドキ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Celastrus orbiculatus Thunb. var. orbiculatus

分類

  • ニシキギ科 Celastraceae

分布

  • 北海道・本州・四国・九州・琉球,中国・朝鮮・南千島に分布.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

解説

  • ニシキギ科のつる性木本.
  • 温帯の林縁や路傍に自生.
  • 雌雄異株
  • 葉の形が梅に似て,楕円形または倒卵円形で,葉先は短く突き出る.また縁にはやや鈍い鋸歯がある.
  • 蒴果は球形で,黄熟する.
  • 仮種皮は赤黄色になる.

English

English name

Scientific name

Taxonomy

Distribution

Flowering season

Notes

中文

中文名 Chinese name

科学名称

分类

分布

解说

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ツルウメモドキ