タテジマカミキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > タテジマカミキリ

タテジマカミキリの成虫.触角を真っ直ぐ伸ばし,枝の一部に溶け込んでいる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 24, 2020)

目次

タテジマカミキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Aulaconotus pachypezoides

分類

  • カミキリムシ科 Cerambycidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 触角が長く,縦縞模様が目立つカミキリムシ.
  • カクレミノヤツデコシアブラなどウコギ科の樹木に集まり,若枝や葉を齧る.
  • 日本のカミキリムシとしては珍しく成虫越冬を行い,ウコギ科の樹木の枝を削りそこに体を寄せ頭を下にして越冬する.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 槐 真史・伊丹市昆虫館. 2013. ポケット図鑑日本の昆虫1400. 320 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > タテジマカミキリ