タカネトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > タカネトンボ

タカネトンボの成虫(メス).タカネは高嶺を意味するが,低地でも見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 15, 2019)

目次

タカネトンボ

和名

学名

  • Somatochlora uchidai

分類

  • エゾトンボ科 Corduliidae

分布

  • 北海道,本州・四国・九州.

解説

  • 金緑色の強い金属光沢を放つトンボ.
  • 樹林に囲まれた池沼に生息する.
  • 他のエゾトンボ類とは生息環境や産卵弁,尾部付属器の形状で識別する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > タカネトンボ