セトヌメリ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > セトヌメリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

セトヌメリ(広島県呉市倉橋島; 撮影: 清水, Sep., 2005)

目次

セトヌメリ

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ目 Perciformes > ネズッポ亜目 Callionymoidei > ネズッポ科 Callionymidae


解説

  • 北日本や瀬戸内海・有明海・東シナ海の砂泥底に棲息.
  • 鰓蓋部の棘に小棘を持ち,雄は第2背鰭中央部に1本の小黒色斑列を備えること,雌は第1背鰭後半に黒色斑を持ち体側下部に楕円形白色斑が並ぶことなどにより,近縁種のトビヌメリネズミゴチハタタテヌメリなどと区別される.
  • 体長は17 cmほどで,小手繰網などで漁獲され,練り製品の材料などに利用される.

天然記念物・RDB

  • 広島県内で該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1994. 広島県の淡水魚, 増補改訂版. 239 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.
  • 田口 哲. 2014. フィールドガイド 淡水魚識別図鑑 日本で見られる淡水魚の見分け方. 256 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > セトヌメリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順