セスジツユムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > セスジツユムシ

セスジツユムシの成虫(オス).背中線の色は茶褐色.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 1, 2018)
セスジツユムシ成虫(メス).メスの背中の筋は黄色い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct 12, 2018)

目次

セスジツユムシ

和名

学名

  • Ducetia japonica

分類

  • キリギリス科 Tettigoniidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • オスの背には褐色の筋が,メスの巣には黄色の筋が入っている.
  • オスの鳴き方は最初「チッ・チッ・チッ・チッ」という声から始まり,それが加速していき最後は「ジー・ジー・ジー」と数回繰り返して終わる.
  • メスも翅に発音器を持ち,オスの声に反応して控えめに「チッ・チッ」と鳴く.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > セスジツユムシ