ジョロウグモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジョロウグモ

ジョロウグモ成体(メス).オスと比べるととても大きい.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 1, 2018)

目次

ジョロウグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • ジョロウグモ

学名

  • Nephila clavata

分類

  • ジョロウグモ科 Nephilidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 三重構造の円網を張る.
  • メスとオスの体格差が著しく,メスのほうが大型.
  • 巣の中にはシロカネイソウロウグモがいることがある.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ジョロウグモ