シマキンチャクフグ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > シマキンチャクフグ | 分類 / 和名順 / 学名順

シマキンチャクフグ

目次

シマキンチャクフグ Canthigaster valentini

シノニム

その他

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > フグ目 Tetraodontiformes > フグ科 Tetraodontidae > キタマクラ属 Canthigaster > シマキンチャクフグ Canthigaster valentini

解説

  • 伊豆諸島,小笠原諸島,相模湾~九州南岸の太平洋沿岸,屋久島,トカラ列島,琉球列島.国外では,台湾南部,東沙群島,南沙群島,インド―太平洋.
  • 水深60 m以浅のサンゴ礁域に生息.
  • 体に並ぶ4本の褐色横帯が腹側部に達することが近縁種のハナキンチャクフグとの大きな相違点.
  • 体長は10 cmほど.
  • 有毒.皮膚から毒を出し,肝臓・卵巣に毒があるといわれている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 魚類図鑑 > シマキンチャクフグ | 分類 / 和名順 / 学名順