桜図鑑/サクラてんぐ巣病

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
サクラてんぐ巣病菌から転送)
移動: 案内検索

サクラてんぐ巣病(桜天狗巣病)

サクラてんぐ巣病に感染した桜(広島県三原市宇根山; 撮影: 坪田博美, April 6, 2016)
サクラてんぐ巣病に感染した桜の枝(広島県呉市下蒲刈町大平山; 撮影: 坪田博美, Feb. 19, 2017)
  • サクラてんぐ巣病菌 Taphrina wiesneri (Rath.) Mixという子嚢菌の一種が原因となって起きる病気.感染すると花芽がほとんどつかなくなる.
  • サクラてんぐ巣病菌が含まれるタフリナ属Taphrinaは子嚢菌であるが,子実体を形成しない.本属の種の多くは維管束植物の寄生菌になるものが多い.
  • 感染した枝は形態異常をおこす.枝の一部がコブ状になり,不規則な細かい枝が密に出る.これは菌の影響で植物ホルモンのバランスに異常が生じるためと考えられている.

参考文献・インターネットリソース