サカキ 宮島の植物と自然

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 宮島の代表的な植物 > サカキ

目次

サカキ Cleyera japonica Thunb.

分類

モッコク科 Ternstroemiaceae(ツバキ科 Theaceae),サカキ属 Cleyera

解説

高さ3-10 mになる常緑の低木または亜高木.葉は長さ約10 cm,無毛で全縁.互生で,あまり重ならず水平に広がる.宮島では花期は6月中旬-7月中旬.暖地に生育し,関東地方以西の本州から九州,朝鮮半島や中国大陸,台湾にも分布.広島県では島嶼部から内陸にかけて分布.宮島ではよく目にする植物のひとつ.神事にはサカキが,仏事にはシキミが用いられる.サカキは玉串として利用されるが,サカキが少ない場所ではヒサカキソヨゴが代用品とされる.ヒサカキとは,葉に鋸歯がなく,葉が平面的に広がり,新芽が鎌形に曲がることなどで容易に見分けることができる.

「宮島の植物と自然」内のページ

「宮島の植物と自然」(広島大学大学院理学研究科附属宮島自然植物実験所 2009)内で掲載されているページ.

  • 28 p.

文献(引用)


広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島の植物と自然 > 目次 > 宮島の代表的な植物 > サカキ