コヤブラン

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > コヤブラン | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

コヤブラン Liriope spicata (Thunb.) Lour.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > キジカクシ科 Asparagaceae(APG分類体系)ユリ科 Liliaceae) > ヤブラン属 Liriope

解説

  • ヤブランに似ているが,地下茎を引いて群生し,葉の幅が狭い.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 主として島嶼部から沿岸部の温暖な常緑広葉樹林に分布するが,三良坂町小塩野の生育地は内陸部に飛び離れた分布を示す.

産地

天然記念物

標本

  • 因島(yy-9341),倉橋島(yy-10430),呉市情島(yy-10464),瀬戸田町高根島(yy-8432),西能美島(yy-6454),生口島(yy-6958),広島市宇品島(rn-6261),金輪島(hh-5084),大崎下島(hh-5978),呉市白岳山(mt-11141),三良坂町小塩野(yw-5663)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • リュウキュウヤブラン

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 62770

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる