コベソマイマイ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コベソマイマイ

コベソマイマイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 15, 2021)

コベソマイマイ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • コベソマイマイ

学名

  • Bradybaena pellucida

分類

  • ナンバンマイマイ科 Camaenidae

分布

  • 本州(中部以西),中国,九州.

解説

  • 殻径40-50 mmほどのカタツムリ.
  • 軟体部をよく伸ばし,殻の裏面の臍孔が閉じるのが特徴.
  • 殻の周縁に細い色帯があり,茶褐色の個体が多い.
  • 森林で多く見られる.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コベソマイマイ