コハクチョウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > ヒシクイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

コハクチョウ(広島県東広島市八本松町; 撮影: 岡崎賢二, May 6, 2015)

目次

コハクチョウ Cygnus columbianus jankowskyi

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > カモ目 Anseriformes > カモ科 Anatidae > ハクチョウ属 Cygnus > コハクチョウ (種) Cygnus columbianus > コハクチョウ (亜種) Cygnus columbianus jankowskyi

解説

  • 冬鳥として全国の湖沼,内湾などに渡来し,島根県の宍道湖や中海周辺でも相当数見られる.
  • 広島県内では,オオハクチョウより観察例は多いが,ほとんど1~3羽で観察されている.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 極北地(繁殖),北アメリカ大陸・ヨーロッパ・中国・日本(越冬)

産地

天然記念物・RDB

  • 県内では該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • Bewick's swan

広島県方言

備考

関連ページ

参考文献

  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2019.08.14 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > ヒシクイ | 広島県の動物図鑑 / 和名順