コノシロ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > コノシロ| 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

コノシロ(島根県中海; 撮影: 加村, Aug., 2004)

目次

コノシロ Konosirus punctatus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > ニシン目 Clupeiformes > ニシン科 Clupeidae > コノシロ属 Konosirus > コノシロ Konosirus punctatus

解説

  • 北海道積丹南部~津軽海峡東部・青森県八戸・岩手県船越湾(記録はあるが稀),仙台湾~九州南岸の太平洋沿岸,瀬戸内海,新潟県~九州南岸の日本海・東シナ海沿岸に分布.国外では,沿海州(少ない),朝鮮半島全沿岸,済州島,渤海,黄海,海南島までの中国東シナ海・南シナ海沿岸,台湾.
  • 鰓蓋後方に黒色斑を持ち,背鰭後部が糸状に伸長することで特徴づけられる.体長約25 cm.
  • 内湾性で,産卵期には汽水域に回遊する.産卵期は4~5月で各々の個体が明らかに2回以上産卵する.内湾で浮遊性の卵を産む.
  • 広島県では,太田川や芦田川の汽水域に小型のものが侵入する.
  • 砂泥底の藻類や有機物を水と一緒に吸い込み,鰓の奥で水とこし分けて食べる.
  • 小型定置網,地曳網,投網などで漁獲され,刺身・塩焼き・唐揚げなどで利用され,特に東京では体長10 cm以下の「しんこ」「こはだ」が高値で取り引きされる.広島県でも小型のものを「こはだ」といって寿司ねたにする.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

  • こはだ(小型魚)

備考

参考文献

  • 比婆科学教育振興会(編). 1994. 広島県の淡水魚, 増補改訂版. 239 pp. 中国新聞社, 広島.
  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.
  • 田口 哲. 2014. フィールドガイド 淡水魚識別図鑑 日本で見られる淡水魚の見分け方. 256 pp. 誠文堂新光社, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > コノシロ| 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順