コナラ属

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

目次

コナラ属 Quercus

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > ブナ科 Fagaceae

特徴

  • どんぐり状果(殻斗果)をつける.
  • 北半球の温帯から熱帯に分布.約600種が含まれる.
  • ラテン語の意味は,「良い木」あるいは「立派な木」.
  • コナラ属Quercusはコナラ亜属Quercusとアカガシ亜属Cyclobalanopsisの2亜属に大別される.これら2亜属を独立した属として扱う場合もある.
    • コナラ亜属は落葉樹が多く,殻斗は鱗片に覆われている.
    • アカガシ亜属は常緑樹で,亜熱帯から熱帯に分布し,殻斗は小さい毛が輪状に並んでいる.

広島県から報告されているもの

植栽・移入種


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる