コカンスゲ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > コカンスゲ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

コカンスゲ Carex reinii Fr. & Sav.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > カヤツリグサ科 Cyperaceae > スゲ属 Carex

解説

  • 吉備高原面から中国山地の渓谷の岩の多い所に群生する.
  • ウラジロガシ-コカンスゲ群集の標徴種.
  • 葉縁は強剛で手が切れる.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 広島市宇賀峡(rn-9401),滝山峡(ts-711),布野村女亀山(ko-1597),帝釈峡(ko-2169),三段峡(yw-5133),油木町安田(hh-7291),廿日市市宮内(mt-13586),三良坂町長沢(ts-855097),熊野町釈迦堂(mt-15101),筒賀村竜頭峡(yy-6497),本郷町用倉(yy-12846),三次市山家(yy-14523),高野町神之瀬(km-7513),神之瀬峡(st-114),甲奴町宇賀(ns-659)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ナンブスゲ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 75720

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる