コカマキリ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コカマキリ

コカマキリの成虫(オス).林縁から草地まで幅広い環境に見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep.30, 2019)
コカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 28, 2018)
コカマキリ成虫(メス).前脚の鎌の模様が特徴的.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 20, 2018)

目次

コカマキリ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Statilia maculata

分類

  • カマキリ科 Mantidae

分布

  • 本州,四国,九州,沖縄.

解説

  • 褐色の個体が多いが,まれに緑色の個体も見られる(緑色の個体はモリカマキリと呼ばれる).
  • 前脚の鎌には白と黒と紫の模様がある.
  • 草地や森林の地表面でよく見られる.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > コカマキリ