ケヤキヒトスジワタムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ケヤキヒトスジワタムシ

ケヤキヒトスジワタムシの成虫(メス).晩秋に現れる有翅虫は二次寄主のササ類から一次寄主のニレ科に移る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 18, 2019)
ケヤキヒトスジワタムシ(有翅虫).蝋物質はほとんどついていない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 16, 2020)

ケヤキヒトスジワタムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Paracolopha morrisoni

分類

  • アブラムシ科 Aphididae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 有翅虫は体長2mmほどでヒイラギハマキワタムシよりも小型.
  • 4-5月にかけてケヤキに虫こぶを作り,5-6月にかけて有翅虫がササ類に移る.
  • 晩秋に現れる有翅虫は二次寄主のササ類から一次寄主のケヤキ(ニレ科)に移る..
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ケヤキヒトスジワタムシ