クロバネフユシャク 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロバネフユシャク

クロバネフユシャクの成虫(オス).クロバネフユシャクより遅れて出現する.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 28, 2020)
クロバネフユシャクの成虫(メス).クロバネフユシャクのメスに比べ体色が暗い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jan. 17, 2020)

目次

クロバネフユシャク(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Alsophila foedata

分類

  • シャクガ科 Geometridae

分布

  • 本州.

解説

  • 1-2月に見られるシャクガの仲間.
  • 本種を含めフユシャク亜科のメスは完全に翅が退化しており,枝や手すりでフェロモンを放出してオスを誘引する.
  • シロオビフユシャクに似るが,本種の方が発生のピークが遅い.また,本種の方が一回り小さく,翅や体色が黒っぽい.
  • オスは灯りに飛来することが多い.
  • 幼虫の食樹はコナラクヌギなど様々な広葉樹.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > クロバネフユシャク