クモウツボ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > クモウツボ / 分類 / 和名順 / 学名順

クモウツボ(鹿児島県口永良部島)


目次

クモウツボ Echidna nebulosa

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > ウナギ目 Anguilliformes > ウツボ科 Muraenidae > アラシウツボ属 Echidna > クモウツボ Echidna nebulosa

解説

  • サンゴ礁域の浅所(礁湖内に多い).
  • 八丈島,小笠原諸島,和歌山県串本,高知県柏島,鹿児島県枕崎,屋久島,琉球列島,南大東島.国外では台湾南部・東北部,澎湖諸島,海南島,西沙群島,インド-汎太平洋.
  • 高知県以南の珊瑚礁域に棲息する.
  • 歯が臼歯状で,前鼻孔及び眼が黄色を呈することで他種と区別される.
  • 体長約60 cm.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.



デジタル自然史博物館 > メインページ > 魚類図鑑 > クモウツボ/ 分類 / 和名順 / 学名順