クスノキ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
クスノキCinnamomum camphora (L.) J.Presl 広島県東広島市鏡山 Hiroshima University, Higashi-hiroshima, Hiroshima, Japan(撮影: 坪田博美.March 23, 2016)

クスノキ(広島大学東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Cinnamomum camphora (L.) J.Presl

分類

  • クスノキ科ニッケイ属 Lauraceae

分布

  • 関東以西の本州の暖地・四国・九州に移入.台湾,中国大陸,インドシナ半島.

花期

  • 4月

特徴

  • 常緑高木で,三行脈が目立つ.樟脳(しょうのう)をとるため過去に多く植栽された.社寺林や街路樹などで利用されるが,最近の研究で史前帰化植物のひとつと考えられている.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > クスノキ