クシバタンポポ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > クシバタンポポ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

クシバタンポポ Taraxacum pectinatum Kitam.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae(Compositae) > タンポポ属 Taraxacum

解説

  • 在来種で総苞片が卵円形,葉が櫛の歯状に深く切れ込む.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 西日本の山間部に分布し,広島県内では比婆郡を中心とする北東部に多い.

産地

天然記念物

標本

  • 甲山町今高野山(ns-784),総領町黒目(nh-2113),庄原市東本町(nh-2031),口和町金尾峠(nh-2037),君田村櫃田(km-7274),比和町森脇(nh-2030),高野町新市(nh-2063),東城町宇山(nh-2088),西城町八鳥(nh-2075)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 60180

文献(出典)

  • 浜田(1995),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる