ギンリョウソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ギンリョウソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ギンリョウソウの芽生え(廿日市市宮島町; 撮影: 内田慎治, Jan. 7, 2015)

目次

ギンリョウソウ Monotropastrum humile (D.Don) Hara

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > イチヤクソウ科 Pyloraceae > ギンリョウソウ属 Monotropastrum

解説

  • 白色で半透明の腐生植物で花は1個.
  • 草丈が低くずんぐりしている.
  • 果実は液果で長く残らない.
  • ギンリョウソウモドキが落葉広葉樹林帯に主として分布するのに対し,本種は常緑広葉樹林帯が本拠である.

花期

  • 4~5月.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部,沿岸部から吉備高原面に分布.

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村冠山(yy-14825),東郷山(rn-8033),宮島(ts-1416),極楽寺山(hh-7801),広島市岳山(yy-10531),野呂山(mt-8699),倉橋島(yy-9276),三良坂町小塩野(kk-860)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ユウレイタケ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 40240

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),関ほか(1975),山下(1977),土井(1983),吉野(1989),関ほか(1994),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる