キノボリトタテグモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キノボリトタテグモ

巣穴から体を出すキノボリトタテグモの成体(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 5, 2020)
キノボリトタテグモの成体(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 8, 2020)

キノボリトタテグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • キノボリトタテグモ

学名

  • Ummidia fragaria

分類

  • トタテグモ科 Ctenizidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 林縁部や神社仏閣の社叢林などで営巣することが多い.
  • 樹木の幹や根本,土の岸壁などで片開きの扉がついた袋状の巣をつくる.
  • 巣の近くを通りかかった小昆虫を捕食する.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多く,ヒノキアカマツの幹やコナラの根元に巣が見られた.

備考

参考文献

  • 馬場友希・谷川明男. 2015. クモ ハンドブック. 111 pp. 文一総合出版, 東京.
  • 新海 栄一. 2017. 増補改訂版日本のクモ. 408 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > キノボリトタテグモ