キジバトとカワラバトの見分け方

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ハトはハト目ハト科の鳥の総称です.日本在来のハトとしては,背と翼にうろこ状の模様があるキジバトがいます.また,家禽(かきん)としてカワラバト(ドバト)が導入され,野生化しています.

キジバト

カワラバト(ドバト)

県央に自然史博物館がやってくる

14-kikakuten-omote-dai.jpg

見分け方に関するページ

鳥類

両生類

爬虫類

昆虫

節足動物


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > コウノトリとサギの見分け方 | 広島県の動物図鑑 / 和名順 にもどる