キクバヤマボクチ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > キクバヤマボクチ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

キクバヤマボクチ Synurus palmatopinnatifidus (Makino) Kitam.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae(Compositae) > ヤマボクチ属 Synurus

解説

  • 幼少な個体の根生葉は心形で欠刻がなく,まったく別種のように見える.
  • 頭花は大きく,渋い美しさがある.

花期

  • 花は晩秋,10月から11月に開花.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,吉備高原面から中国山地に広く分布し,沿岸部では稀で,島嶼部には見られない.
  • 林内,林縁,歩道のり面,崩壊地などさまざまな環境に生育している.

産地

天然記念物

標本

  • 加計町五輪山(km-4612),湯来町阿弥陀山(mt-8216),千代田町海見山(mt-6000),廿日市市後畑(hh-6974),広島市湯坂(yw-1505),熊野町呉地(hh-8044),福富町野路山(mt-9408),呉市灰ヶ峰(mt-9902),河内町用倉山(km-1631),布野村女亀山(yw-5172),世羅町戸張(ns-871),甲山町男鹿山(ns-815),三良坂町灰塚(kk-727),総領町御調谷(yw-7309),口和町宮内(hn-837),神之瀬峡(mt-17355),高野町判官山(hh-8762),甲奴町品の滝(ns-2276),三原市垣内(sf-9268),尾道市梶山田(yk-7819),府中市三郎丸(yk-2687),神石町草木(sf-3364),御調町大塔(yk-3693),神石郡三和町星居山(hh-8150),上下町岳山(yk-8526),東城町多飯が辻山(yy-9839),油木町岩貝(sf-8093),福山市島串(sf-2603)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 59950

文献(出典)

  • 堀川ほか(1959),呉市教育委員会(1970),土井(1983),井波(1985),関ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる