カワラハンノキ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > カワラハンノキ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

カワラハンノキ Alnus serrulatoides Callier

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > カバノキ科 Betulaceae > ハンノキ属 Alnus

解説

吉備高原面,時に沿岸部の河川で,増水時に水につかるような環境に生育し,よくネコヤナギと混生している.葉は広倒卵形で先がへこんでいる.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 吉和村立岩(yy-10112),戸河内町押ヶ峠(yy-6673),加計町温井(yy-5851),広島市古川(zs-13511),三良坂町矢田(km-5121),油木町阿下川(yy-13350),三次市大谷(mt-14500),豊平町志路原(km-5551),弥栄峡(km-6079),河内町深山峡(rn-7664),福山市大渡橋(sf-5372),高野町判官山(hh-8724),甲山町魚切渓谷(ns-218),芸北町(sy-381),府中市石垣(sf-7061),大和町下徳良(yk-7497),神石町長者原(hh-8154),口和町常定(hn-286),君田村中野原(tk-820)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 11240

文献(出典)

  • 山下(1977),井波(1981),土井(1983),関ほか(1983b),吉野(1989),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる