カテンソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > カテンソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

カテンソウ Nanocnide japonica Blume

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > イラクサ科 Urticaceae > カテンソウ属 Nanocnide

解説

島嶼部から中国山地の下部まで県内に広く分布し,とくに石灰岩や中・古生層の岩石地帯に多い.しばしば群生し,早春に開花する.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 広島市宇賀峡(yw-901),三良坂町矢田(yy-10636),帝釈峡(yw-5450),吉舎町安田(yw-7617),総領町稲草(kk-5),加計町澄合(yy-2560),廿日市市速谷神社(yw-9389),呉市灰ヶ峰(mt-15328),上蒲刈島(rn-9264),福山市竜頭峡(sf-3412),油木町貝原(sf-5520),君田村宮が原(yw-10913),甲山町男鹿山(ns-850),世羅町旗山(ns-2079),尾道市浄土寺山(yk-6033),御調町菅野(yk-7332)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 13100

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる