カタハリウズグモ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カタハリウズグモ

カタハリウズグモ.渦状の隠れ帯が特徴的.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 18, 2018)

目次

カタハリウズグモ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • カタハリウズグモ

学名

  • Octonoba sybotides

分類

  • ウズグモ科 Uloboridae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • ウズグモの中では最も普通に見られる.
  • 草むらや林縁の日陰などに多い.
  • 渦の形をした隠れ帯を作る.
  • 東広島キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > カタハリウズグモ