カクレミノ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

カクレミノ(東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

学名

  • Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara

分類

  • ウコギ科 Araliaceae

分布

  • 関東(南部)・四国・九州の常緑樹林内に生える.
  • 朝鮮南部や台湾に分布.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中
  • 一般に7-8月.

解説

  • ウコギ科の常緑小高木.
  • 樹皮は白っぽく,平滑.
  • 葉は若枝では大きく,卵円形で3-5裂するが,花のつく枝では全縁で長楕円形,ひし形状楕円形,卵状楕円形など変化が大きく,ときに2-3裂する.
  • 葉は両面無毛で,基部から長く伸びる3脈が目立つ.
  • 散形に花を多数つける.

English

English name

Scientific name

  • Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara

Taxonomy

  • Araliaceae

Distribution

  • Grows in evergreen forests in Kanto (southern part), Shikoku and Kyushu.
  • Distributed in southern Korea and Taiwan.

Flowering season

  • July to August

Notes

  • A small evergreen tree of the family Araliaceae.
  • Bark whitish, smooth.
  • Leaves large, ovate, 3-5 lobed on young branches; on flowering branches they are entire, oblong-ovate, rhombic-ovate, ovate-ovate, or more variable, sometimes 2-3 lobed.
  • Leaves hairless on both sides, with three long, conspicuous veins extending from the base.
  • Bearing many umbels.

中文

中文名 Chinese name

  • 三菱果树参

科学名称

  • Dendropanax trifidus (Thunb.) Makino ex H.Hara

分类

  • 五加科

分布

  • 分布于关东南部,四国九州等地的常绿树林中。
  • 在朝鲜南部和台湾也有分布。

开花季节

  • 调查中
  • 7-8月

解说

  • 该树木是一种常绿小乔木。
  • 该树种树皮带白色,光滑。
  • 其叶子在幼枝上大,卵形,在幼枝上3-5叶;在花枝上是全缘的,长圆状卵形,菱形卵形,或卵状卵形,有时有2-3个裂片。
  • 叶子两面无毛,有三条长而明显的脉络从基部延伸。
  • 在7月和8月开出分散的花簇。

ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > カクレミノ